『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第28話「ミクロの攻防」ピンクのドッシンソウル!バンバがアスナの無事に涙…!ナダが謎だな

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第28話「ミクロの攻防」

第28話「ミクロの攻防」
2019年9月29日放送

監督:柏木宏紀
脚本:荒川稔久

<ゲスト>
ベルゼブブマイナソーを生み出した・伊藤蘭斗:中村僚志

アスナの体内に入り込んだベルゼブブマイナソーの尻尾がアスナの心臓を包み倒せない…

クレオンが出現してクラッカーで紙吹雪を放っただけで立ち去る。

家に帰ってすき焼きを食べてたらアスナが急に苦しみ始め。ミエソウルで確認したら、ミクロサイズのマイナソーがアスナの肺に入って寄生していることが判明。
紙吹雪が鼻に入ってくしゃみが出そうになった時に、ベルゼブブマイナソーが入り込んでいたのですね。くしゃみを止めたのがマズかった…。

コウとメルトはチーサソウルで小さくなり、アスナの体内に入ってマイナソーを倒すことに。
でも、マイナソーの尻尾がアスナの心臓を包み込み、コウたちがマイナソーを攻撃すると、アスナが苦しむため、倒す手立てがない…。

ドッシンソウルの特殊なパンチの特訓!ナダは何を考えてるのか…?

ナダとの手合せで、コウは「ここぞという時の攻撃に乱れがある」と指摘されていましたが。
今度は、ドッシンソウルの特殊なパンチで「心臓を包んでいるマイナソーの尻尾だけを消滅させる」ための特訓で、何度繰り返しても成功できないコウに、「お前はレッド失格や」と言い放つ。

コウのために色々やってくれる頼れる仲間にも見えるナダだけど。
一人になって「俺がレッドを受け継いだる」って… レッドの座を狙っているのか?? 何を考えているのでしょうね??

コウがアスナにドッシンソウルのパンチを打ちこみ成功!マイナソーが体から出ていく!

カナロが助けを求められた女性の夫がマイナソーを生み、クレオンたちから「ミジンコ男爵」となじられていた。
アスナの体内にいるマイナソーが巨大化すれば、アスナの命が危ない!!

失敗続きだった「ドッシンソウルの特殊なパンチ」をぶっつけ本番でやるしかないコウ!
…でもやれない… と迷っていたコウに、アスナの喝が飛ぶ!

「勇猛の騎士でしょ!私の命、コウに預けたから」

コウは覚悟を決め、パンチを打ちこむ!!

そのパンチで倒れ起き上がらないアスナの耳元で「起きてよ…!! アスナ!!」と叫ぶコウ!
アスナが気が付いた!!! 生きてた!!! よかった~!!

そして今度こそは「ハ、ハ、ハ、ハクション!」くしゃみが出て、マイナソーが飛び出た!!
その後すぐに巨大化したから危機一髪でしたなぁ

リュウソウピンク ドッシンソウル&キシリュウオーパキガルーでマイナソーを撃破!

巨大化したマイナソーは、リュウソウピンクが「ドッシンソウル」で強竜装「リュウソウピンク ドッシンソウル」になり、キシリュウオーパキガルーで撃破!!

「宇宙へ消えろーーーっ!!」

本当に宇宙に消えた(^〇^)そして 燃えて真っ白になった…!今度はロボのあしたのジョーでしたね(^^)

アスナの無事に涙するバンバ!!
もらい泣きしそうなくらいで。喜ぶリュウソウジャーたちが微笑ましかったですが。
その様子を意味ありげに見ていたナダ…!!

ん~ ナダが謎ですねぇ

Comment

  1. Mariya☆ より:

    やっぱりドッシンソウルはアスナが一番似合うなあw
    ようやくナダの目的が見えてきましたね。コウを陥れてレッドになろうとしているとは。
    現在のガイソーグはバンバかトワのマスターだと思うんですが、今後ナダにガイソーグが取り憑くような気がします。