『風都探偵』第79話「fに感謝を 5/踏み台」エクストリームでも打つ手なし⁉超難敵クラブ・ドーパント!万灯の大事な人発言も

6月15日発売スピリッツ29号に、『風都探偵』第79話「fに感謝を 5/踏み台」が掲載されました。

『風都探偵』第79話「fに感謝を 5/踏み台」

ときめを襲うクラブ・ドーパントの凶刃が貫いたのは仮面ライダーWで一番硬いはずのメタルの装甲!!

何とかふうとくんを逃がし、手を貫かれた状態で投げ飛ばされるWでしたが、エクストリームで勝負をかける!!

しかし、クラブ・ドーパントは プリズムソードの切っ先が刺さった瞬間にもう再生を始めるほどの驚異の再生速度。 高い切断力と貫通力を持ち、超硬度の外郭!直接パンチで攻撃しようとしても、ヌルヌルしてる。

まさかの 地球の本棚に直結しているエクストリームでも、打つ手なし…。

エクストリームで超苦戦するなんて!クラブ・ドーパント「私聞いてない!」です。

 
さらに クラブがもう一体!! テツもクラブ・ドーパントに変身!!
ヤバすぎる!!

 
そんなWの危機を遠くから見守るときめ・ふうとくんでしたが、逃げ遅れた女の子をを見つけると、抱きかかえて逃げ出す。
その様子に気付いたクラブ・ドーパントが、ふうとくんを追う!

その時 ナオさんが発した「ときめちゃーん!」の声に気づいた万灯が、高所から跳び下りながらオーロラ・ドーパントに変身!! 女の子を抱きかかえた ときめ・ふうとくんを救う!!
「失敬。ひとまず攻撃はやめていただこう。私の大事な人が紛れていた。」

万灯の「大事な人」発言!!

その意味は次回!次号はお休みで32号から再開です。

『風都探偵』は載らないですが、次号30号の表紙・巻頭グラビアは「『魔進戦隊キラメイジャー』出演中の美女」こと工藤美桜さん(^^)

Comment

  1. SICファン より:

    少々話題はズレますが、6/25発売のヤングジャンプ30号も
    ・表紙&巻頭グラビア計9P!! 新條由芽&工藤美桜
     Wヒロイン水着で表紙に登場!!
     「魔進戦隊キラメイジャー」出演中の由芽ちゃんと美桜ちゃんが登場!!
    とのことです。むふふ。

  2. SICファン より:

    また本題ではありませんが、6日発売のスピリッツ32号の表紙&巻頭グラビアは鶴嶋乃愛です。むふふ。

  3. SICファン より:

    ■第80話『fに感謝を 6 / 私は君を知っている』(スピリッツ32号)
    ヒカル/クラブ・ドーパントの背の蟹足による、ときめ/ふうとくんへの攻撃を止めた万灯雪侍/オーロラ・ドーパント。ヒカル/クラブはオーロラの言葉に従い攻撃を止め、伸ばしていた蟹足を縮める。オーロラの右手に触れて蒸発した蟹足の先端が、泡とともにジュポンと新たに生えてくる。オーロラはヒカル/クラブに攻撃を止めてくれた礼を言い、まばゆい光を発するとその隙に、助けた少女を抱えたままのときめ/ふうとくんごと空中に浮遊する。追おうとするWを背後から、テツ/クラブ・ドーパントの背から伸びた一本の蟹足が殴りつけ、Wは地に倒れる。テツ/クラブが、Wに止めを刺そうと頭部のハサミの一つから光線を放とうとしたとき、そのハサミがズパッと斬り落とされる。苦しみ、のけ反るテツ/クラブ。刃野刑事が負傷したため遅れたと、アクセルが到着したのだった。テツ/クラブも、ヒカルよりはダメージが大きそうだが、泡とともに再生する。
    一体のクラブ・ドーパントにビッカーチャージブイクを放つW、もう一体のクラブの腹部をエンジンブレードで斬りつけるアクセル。テツのほうが回復が遅くダメージも大きそうではあるが、二体ともやはり泡ととも再生し、ライダーたちに猛攻を加える。アクセルはエンジンブレードを落としてしまう。深澤局長、スタッフと亜樹子が観客は全員避難したからと富士見ナオを迎えに来る。劣勢の仮面ライダーとさらわれたときめが心配なナオだが、亜樹子に説得され、仮面ライダーに「頑張って! ふうとくんを助けて!」と声をかけると避難する。「そらそら、民衆が応援してるぜ。少しは意地見せてみろよ!」と煽るテツ/クラブに、アクセルはテツ/クラブの右拳を左手で受け止めると、「いかにも半グレらしい煽り方だな。上等だ」と言いながらベルトのアクセルを吹かし、炎をまとった右腕のパンチがテツ/クラブの腹部に大きなヒビ割れを作る。再生は始まるものの苦しんで動けないテツ/クラブ。エンジンブレードを取り、止めを刺そうとするアクセルだったが、跳びこんで来たヒカル/クラブが頭部から光線を放ち両ライダーを牽制すると、テツ/クラブを抱えて屋根の上へと跳躍する。うずくまり苦しむテツ/クラブは「……何 余計なことしてんだ、ヒカル!」と言うが、ヒカルは、仮面ライダーが自分たちを倒せないことは十分わかったから、楽しみは当日にとっておけばよい、と言う。大道克己を真似、握った右手の親指を下に向けながら、「風都タワーは俺たちが叩き斬る。……地獄を楽しみな!」と捨て台詞を残して去るヒカル/クラブ。遅れて後を追うテツ/クラブ。万灯/オーロラを追うためにハードタービュラーを呼ぶW。
    風都タワーが臨めるどこかのビルの屋上。下ろされたときめは、まず助けた少女を探し、ふうとくんの頭部を脱ぐと耳を当てて心音を聞き、少女が無事であることを確認する。自分よりまず他人を心配する様子を見ていた万灯は、「変わらないね、ときめ…」と声をかける。万灯に向かい自分のことを知っているのかと問いかけるときめ。逆になぜふうとくんのスーツアクターをやっているのかをときめに問う万灯。風都タワーを気にしているときめの様子から、万灯は「『あの日』を思い出し始めたという事か。…そろそろかもね…」とひとり納得する。詰め寄るときめに、万灯は、ときめの右耳に自分の顔を近づけると、右手でときめの頬を首筋を顎を撫でながら、自分の知るときめの特徴を囁き始める。 ― 視力がよい上に、夜、暗がりのものまだはっきり見えるほど夜目も利く。髪の毛はさらさらだが寝癖がつきやすいため、枕が好きじゃない。一日最大五食は食べるがそれが原因で太ったことはない。右足のほうが左足よりも少し大きく、右足の親指が痛むことがよくある。「私は記憶のない今の君よりも百倍 君の事を知っている。君は私の一番の宝物だ。」しかし、ときめが熟成するその時を待って、ときめを放置している。そして、ときめは自分・万灯雪侍のことを「ユキ」と呼ぶ、と。そこへ「万灯ォォォォーッ!」と叫ぶW CJXを乗せたハードタービュラーが迫る。