仮面ライダーW(ダブル)

『風都探偵』第95話「異端児d 2/失われたビーチ」地に潜る誘拐犯・ディープドーパントの能力に絶望する翔太郎とフィリップ…

4月19日発売スピリッツ20号にて『風都探偵』第95話「異端児d 2/失われたビーチ」が掲載されました。

『風都探偵』第95話「異端児d 2/失われたビーチ」

 
鳴海探偵事務所に、ときめ救出の依頼人として現れた万灯雪侍。
屋根の上には五条一葉と千葉秀夫が潜む。

万灯の話によると
犯人は裏風都の造反者
かなり悪質なヤツで、能力がとても厄介。隠れ場所がわからない。
フィリップの検索能力と翔太郎の調査能力に頼る以外、犯人の居場所を突き止められないと判断したのだと言う。

お互いの大事な人間のために、力を貸してもらえないかと言う万灯に対し
翔太郎たちは、これまで万灯たちがやってきたことを絶対に忘れないと敵対。

万灯は別行動に切り替え、調査の参考になる資料を残し、オーロラドーパントに変身してその場を去る。

その資料の、犯人とメモリの正体を知ったフィリップは「絶望的な能力だ」と絶句する…。

 
一方のプライベートビーチ。
犯人は、「仲間が仮面ライダー」「”魔女”と異名されていた」と知ってときめを誘拐。ずっと狙っていたのだそう。

犯人が「ディープ」メモリを使用しネタ明かし。
クラゲを被ったような怪人から伸びたゼリーのような触手が、ときめの片足を覆うと
ときめを引き寄せ、頭部のクラゲのようなモノの中に捕まえる。

「そうして、深く引き込まれた。ボクが作ったビーチへ」

ビーチの、明るさが一向に変わらない空を抜け、さらに上へと進むと、なんとそこは地下鉄の線路の上!!!

ときめが居る場所は、風都地下55メートルの場所に作られた人口のビーチ
ディープ・ドーパントは、地面やコンクリートの中を泳ぐことができ。その力を応用して空間を掘った

つまり、ディープ・ドーパントの力無しではプライベートビーチから絶対に出ることはできない!!!

 
●犯人の名前は、出紋大騎。
●メモリはディープ。
●地に潜る誘拐犯。

翔太郎も、これまでにない絶望の中に居た…。

 
次号予告ページにまたも『風都探偵』の文字はありません。
翔太郎とフィリップが、どんな方法でときめを救出するのか?
妄想しつつ次回を待ちたいです(^^)わくわく

Comment

  1. SICファン より:

    目次ページの小さい字によると24号から再開とのことです。ちなみに今週号は21・22合併号です。