『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第19話「進撃のティラミーゴ」滝裕可里さん演じる先生は既婚者 惜しい!ルール違反で●●も消えた

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第19話「進撃のティラミーゴ」は、ゲストの滝裕可里さん演じる美佐子先生がマイナソーを生んでしまうお話。カナロとの出会いがありましたが「惜しい!」既婚者でしたね。

ルール違反で教室に閉じ込められ、メルトとティラミーゴが頑張りましたが。まさかのワイズルーも消えていたとはw ほんわか面白かった回!

スポンサーリンク

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第19話「進撃のティラミーゴ」

第19話「進撃のティラミーゴ」
2019年7月28日放送
監督:上堀内佳寿也
脚本:山岡潤平

<ゲスト>
飯村 美佐子:滝 裕可里

ティラミーゴはこの街が大好き!コイツ以外w

ティラミーゴは、野球をしたり、お散歩したり、この街が大好き♪「コイツ以外」(^^)
メルトのことを未だに違う名前で呼んだり、何か言われると「フン!」ってw なぜか相性が良くないようです。

美佐子先生がマイナソーを生んでしまう。カナロには「惜しい!」既婚者

部屋を片付けず、暑さでダラけてしまったコウたちは「部屋をキレイに使う」というルール違反で、尚久さんに追い出されてしまう。
これは伏線でしたね。

ティラミーゴがいつものように「ひなた小学校」にやってくると、子供たちが美佐子先生からルールを守るよう注意されていた。
そんな美佐子先生が、なぜか教室で給食を食べてるワイズルーとクレオンに声をかけられ、クレオンが指を突っ込んで、フルーティな汁を飲ませられ、マイナソーを生んでしまう。

美佐子先生が逃げ出し、プールで泳いでいたカナロが声に反応して駆け寄ったけど。

惜しい!! もう少し早く出会えていれば…!!」

美佐子先生は既婚者(^〇^)
前回の失敗から、指輪チェックは大切ですw

アラクネーマイナソーは弱いけど、ルールを破った者を教室に閉じ込める!メルト以外のリュウソウジャー全員が犠牲に

小学校で子供たちが消えてしまい。カナロが図書館でアラクネーマイナソーに立ち向かうと、カナロも消えた!!

さらに、廊下を走ってアラクネーマイナソーに近づこうとしたトワとバンバ。
開かないドアを変身して壊して教室の中に入ったコウとアスナも消えてしまう。

アラクネーマイナソーは、美佐子先生が校内に貼った「図書館では騒がない」「廊下は走らない」「物を壊さない」などのルールを破った者に笛を吹き、教室に閉じ込めていた。

弱いから立ち向かっちゃダメなアラクネーマイナソーだけど。メルト以外のリュウソウジャーを全て教室に閉じ込めることには成功。

それにしても、ルールがぎっしり貼られている教室!凄いですね~!!

メルトとティラミーゴがコウたちを救出!

残ったメルトは、ティラミーゴの「急いで歩こう」で競歩をやったり。ティラミーゴの案でアラクネーマイナソーを、校庭に引きずり出して戦うことで、ルール違反から逃れられた。

囚われた教室では、カナロたちが2度目のルール違反をしてしまい、教室の天井が落ちてくる危機に!
バンバが機転を利かせヤワラカソウルで天井を柔らかくして難を逃れる。

校庭で戦うリュウソウブルーとティラミーゴは、アラクネーマイナソーが倒れた時にサッカーボールを壊してしまい。ルールを破って苦しみ。囚われた人たちが出てこられた!!!

巨大化したアラクネーマイナソーを撃破!なんとワイズルーもルール違反で消されていたw

先生の前でルール違反をやりまくり、アラクネーマイナソーが巨大化!

でも、ギガントキシリュウオーであっという間に撃破。

不思議な表情をする子供がいるなと思ってたら。なんとワイズルーでしたね(^〇^)
クレオンと給食を食べててマイナソーを生んだ直後に高笑いして消されるなんてw
直ぐにカナロも消えたので、子供に化けていたのですねw

ティラミーゴとメルトは仲良くなれた?

ティラミーゴは、美佐子先生の前だと、メルトのことをちゃんと「メルト」って紹介してる(^^
でも二人きりになると、やっぱり前に戻った?

「アルト」って言ってるし。
「美佐子先生~!会いた~い!」ってw

「進撃のティラミーゴ」は、ほのぼのした回でしたね。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 騎士竜シリーズEX 竜装合体 DXキシリュウジン
騎士竜戦隊リュウソウジャー 騎士竜シリーズEX 竜装合体 DXキシリュウジン
2019年7月27日発売 | ¥ 6,050 | JANコード:4549660388760 | 販売元:バンダイ(BANDAI)
騎士竜戦隊リュウソウジャー 変身剣 DXガイソーケン
騎士竜戦隊リュウソウジャー 変身剣 DXガイソーケン
2019年9月28日発売 | ¥ 5,500 | JANコード:4549660409304 | 販売元:バンダイ(BANDAI)

コメント