『仮面ライダーセイバー』第11話あらすじ。剣士たちの友情に亀裂?まさか裏でつながってた?カリバーがジャオウドラゴンに変身

『仮面ライダーセイバー』第11話「乱れる雷、広がる暗雲。」

第11章「乱れる雷、広がる暗雲。」
2020年11月22日放送

脚本:長谷川圭一
監督:中澤祥次郎

剣士たちの友情に亀裂!?賢人は倫太郎と対立してしまう

「俺に構うな!」「剣士失格だ」

賢人は父への思いや上條に執着するあまり、倫太郎と対立してしまう…。

『仮面ライダーセイバー』第11話「乱れる雷、広がる暗雲。」

15年前に組織を裏切り、メギドと手を組み、異変を起こしてきたカリバー。その正体は先代炎の剣士・上條大地だった。自分の父が15年前の事件を起こしたと苦悩していた賢人の心は大きく乱れる。心配する飛羽真の声は賢人には届かない。裏切ったのは本当に父なのか。そして、父は今どこにいるのか。賢人は父への思い、そして上條に執着するあまり、冷静になれと諫める倫太郎と対立してしまう。

一方、街では複数の場所が同時に消えていた。飛羽真たちはそれぞれの異変に立ち向かう。しかし、賢人は…。

引用:https://www.kamen-rider-official.com/saber/11

誓い合ったばかりなのに、剣士たちの友情に亀裂…!?

カリバーの正体が明らかになったことで、新たな謎が生まれ、賢人の心は以前にもまして乱れてしまうようですね。

世界崩壊の序章が始まる!

「ワンダーワールドの偉大な力を手に入れる時だ。」

カリバーの正体は賢人(青木瞭)の父・隼人(唐橋充)ではなく、先代炎の剣士・上條(平山浩行)だった…。予想外の事実に飛羽真(内藤秀一郎)らは動揺を隠せない。

父に何があったのか?賢人は上條からすべてを聞き出すと固く誓うと、15年前のことを思い出したいという飛羽真を「忘れているならそれでいいじゃないか」となぜか冷たく突き放す。

『仮面ライダーセイバー』第11話「乱れる雷、広がる暗雲。」

“音の剣士”スラッシュが現れ、6人の剣士がそろったことでストリウス(古屋呂敏)らは改めて行動を開始。レジエル(高野海琉)は新たなメギドを生み出し、上條はジャオウドラゴンのブックを手にして…!?

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/saber/next/

●6人の剣士がそろったことでストリウスらは改めて行動を開始
●レジエルは新たなメギドを生み出し
●上條はジャオウドラゴンのブックを手にして

いよいよ、予告のテロップにあった「世界崩壊の序章が始まる!!」のですね。

上條が仮面ライダーカリバー ジャオウドラゴンに変身

予告で賢人が言ってた「まさか、裏でつながってたのか」。
上條とソフィアもいましたが、「裏でつながる」とはどういうことなのでしょう??

ついに、上條が仮面ライダーカリバー ジャオウドラゴンに変身!!

『仮面ライダーセイバー』第11話「乱れる雷、広がる暗雲。」

出典:https://www.kamen-rider-official.com/saber/11

「お前は俺のすべてで倒す!」
「ならば全力で相手をしよう」

仮面ライダーカリバー ジャアクドラゴンでも3対1で倒せないのに。ジャオウドラゴンになったらワンダーコンボが3人揃っても適いそうにない。なのに、賢人はひとりで立ち向かう!!

東映公式サイトの場面カットでは、倫太郎がヤバそうです…。

『仮面ライダーセイバー』第11話「乱れる雷、広がる暗雲。」

出典:https://www.kamen-rider-official.com/saber/11

ああは言ったものの、心配で来てくれたのでしょうか

S.H.Figuarts 仮面ライダーカリバー ジャアクドラゴンicon
icon

東映公式サイト:https://www.kamen-rider-official.com/saber/

Comment